• タイムカードの詳しい話

    • タイムカードは、会社や工場などに勤務している人たちが、タイムレコーダーに差し込んで出勤した時間をタイムカードに打ち込むものです。

      退社時間や残業時間など全てうちこまれます。



      そうすることによって、社員や従業員の管理もできます。
      一口にタイムカードといってもいろいろあります。

      社員や従業員が事故もなく、安全に働けるように会社側にも社員や従業員に対して様々な待遇があります。

      なにか不幸があった場合、それを打ち込めるタイムカードやタイムレコーダーもあります。



      勤務先が運送会社だった場合、仕事によっては早朝に出て帰りは翌朝になることもあります。

      そういったときでも役に立ちますね。

      とにかくタイムカードほど便利なものはありません。


      それ以外にもタイムと名の付くものはたくさんありますね。時間を計るものもあり、調べてみてもいろいろあって、いくら調べてもキリがありません。


      給与計算をする時にもつかいます。

      どれくらい出勤してどれくらい休みをとったか、それによって計算方法も多少違ってきますね。

      仕事が休みだった場合は、日ごろの疲れをとるために家でゆっくりできるし、また次から頑張ろうという気になります。
      働いてばかりだと身体をこわしてしまいます。仕事も立ち仕事や事務のような座り仕事まで毎日の作業は大変ですが、従業員の点呼記録を記入するのも大切な仕事の一つです。
      日報をを見ながら間違いがないように記入するのは神経を使います。



      大変だけど毎日が充実してます。

  • 技術の秘訣

    • タイムカードについて

      会社の勤怠管理を簡単にするために、タイムカードはよく使われています。タイムカードの代わりに、自分のパソコンで出社、退社時刻を入力するシステムもありますが、これはパスワードさえ分かっていれば他人が代わりに入力することもでき、また数日分さかのぼって入力できる場合もあるので、給与計算などには便利かもしれませんが、厳密な出社、退社時刻を把握するのにはあまり役立たないかもしれません。...

  • 初心者向き技術

    • 正社員もタイムカードですっきり

      法人には様々な業種があり働き方もそれぞれ違います。会社によってはパート、アルバイトはタイムカードを使用しているが、正社員は使用していない会社もあります。...

  • 技術をもっと知る・わかりやすい情報